FC2ブログ

「Bishop Perry Tillis」

2015.07.29.Wed.00:31
1919年7月29日アラバマ州タラデガ郡生れ。 2004年11月3日没

彼の家族は小作人で父は棉摘みをしていたそうで、日曜日の朝には家族で教会に出席しながら、彼の住むプランテーションでは土曜の夜はブルースを演奏していたらしい。

15072901.jpg

14歳の頃ウクレレを弾き始め、農場労働者として働きながらアコースティック・ギターを数か月練習した後、路上で稼ぎ出したそうであります。 その後ヒッチハイクや貨物列車に乗ってアメリカ各地を旅したとの事。

1940年代後半では地元の会社のためにトラックの運転などもしていたそうですが、ブルースを演奏するため再びブルースマンに。

1954年理由は不明ですが失明し引退を余儀なくされ教会へ。 サムソン、アラバマ州イエス・ホーリネスペンテコステ派教会で、ゴスペル音楽を作ることに彼の才能が開花されようでございます。

1970年には彼の讃美歌と説教の為、エレクトリック・スライドギターを弾き始めたそうですわ。

― 戦前から活躍し、シカゴ_ブルースシーンで活動し、アラバマにもどりゴスペルの牧師として音楽をつづける。 スピリチュアルな賛美的な叫び、電化したギターの脅威のプレイ。 奇跡のような音源です。―

などという紹介文がございました。



ってな感じでありまして、ブルースでありゴスペルであるって事が不思議な魅力を醸し出しておりますなぁ。 Son House やら Mississippi Fred McDowell の匂いと同じでございまして、こちらもまた何とも心に響くのであります。 (´Д`)






スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する