FC2ブログ

「Heritage Blues Orchestra」

2015.05.03.Sun.00:03
世間では連休との事なので、少し違ったブルースなど・・。(全く関係はないのでありますが)

NYで活動されてる 「Heritage Blues Orchestra」 というユニットでございますが、ブルースを中心にゴスペル、ジャズ、ニューオーリンズなど、まさに全てのブラックミュージックを継承するべく結成された最高のバンドが届ける完璧なサウンド! ってな感じで、お洒落なNYの方々が聴く、お洒落なブラックミュージックという感じですかねぇ。



Bill Sims, Jr. (ビル・シムズ、Jr.)はオハイオ出身。 牧師の父から音楽を学び14歳でプロとして活動開始。 オハイオ州立大学在学中にはマディ・ウォータース、ハウリン・ウルフ、フレディ・キングらと共演。 1971年にフォー・ミンツという R&B、ドゥーワップグループに参加。 76年にはラモリアンズというジャズグループを結成。 88年にブルース界に戻り92年 『ブルース・ビフォアー・サンライズ』 でソロデビュー。 99年にはセカンド 『ビル・シムズ』 を発表。 現在、様々なセッション、映画・ミュージカル音楽などでも活躍中。

Chaney Sims (チェイニー・シムズ) はNY出身でビルの娘。 幼少期から古いR&B やブルースを聴いて育つ。 現在もNYでシンガー、詩人として活躍。 ガイ・ディヴィスなど様々なアーチストとのコラボで活動中。

Junior Mack(ジュニア・マック) は59年生まれ。 ブルース、ゴスペル、ロックと様々なジャンルで活躍するNYのトップ・ギタリスト&シンガー。 過去の共演アーチストはオールマン・ブラザース、デレク・トラックス、ロバート・ランドルフ、チャカ・カーンなど数限りない。

15050301.jpg

「And Still I Rise」

1. Clarksdale Moan
2. C-Line Woman
3. Big-Legged Woman
4. Catfish Blues
5. Go Down Hannah
6. Get Right Church
7. Don't Ever Let Nobody Drag Your Spirit Down
8. Going Uptown
9. In The Morning
10. Levee Camp Holler
11. Chilly Jordan
12. Hard Times


普段は泥臭いブルースなど聴いているので、洗練された音楽を聴くととても違和感を感じるのでございますが、聴く耳を持ってないだけもしれません・・。 逆に普段洗練された音楽を聴いておられる方が、泥臭い音楽を効いたら聴けたもんじゃないのでしょうなぁ。 (笑)





スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する