FC2ブログ

『Get On Up - James Brown』

2015.03.02.Mon.00:12
『ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~』 って事で、2015年5月30日(土)から東京・渋谷のシネクイントほか全国で公開されます。

15030201.jpg

2006年12月25日に73歳で他界したジェームス・ブラウン。「ミスター・ダイナマイト」「ソウル・ブラザー・ナンバー・ワン」「ゴッド・ファーザー・オブ・ソウル」「セックス・マシーン」「ファンクの帝王」「ショービジネス界一の働き者」「ファンキー大統領」など様々なニックネームで呼ばれ、約半世紀にわたって精力的な音楽活動を続けた。

初の伝記映画になるという同作では、貧しい子供時代から20世紀を代表するエンターテイナーに成長していくまでの波瀾万丈の歩みを追いながら、ブラウンの内面を浮き彫りにしていく。メガホンをとったのは『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』のテイト・テイラー。ブラウン役は『42 ~世界を変えた男~』のチャドウィック・ボーズマンが演じる。




監督:テイト・テイラー

脚本:スティーヴ・ベイグルマン、ジェズ・バターワース&ジョン=ヘンリー・バターワース、テイト・テイラー

出演:
チャドウィック・ボーズマン
ヴィオラ・デイヴィス
オクタヴィア・スペンサー
ネルサン・エリス
ダン・エイクロイド

配給:シンカ/パルコ


なんせ昔カップヌードルのCMに出演してたので、この時代 "Soul" や "Funk" なんか知らない日本人も、何か叫んでる黒人は知っていたりするのでありました。 私もこの頃はどの様な人なのか全く知らなかった訳でありますが、 ブラックミュージックの世界に入ってくと 「ファンクの帝王」 と呼ばれる由縁がホンマに解ります。



ジェームス・ブラウン が創りあげ、ジェームス・ブラウン を越す者は居ないのではないかと思っております。 マイケル・ジャクソン も 「ここにいるこの人物ほど、僕に大きな影響を与えた人はいない」 と第3回BET(ブラック・エンターテインメント・テレビジョン)アウォードでスピーチしておりましたが、私的にはジェームス・ブラウンの域にまだまだ達してなかった様に感じます。

波乱万丈の人生と、ソウル、R&B、ゴスペル、ブルースなどブラックミュージックの集大成ともいえる最高にファンキーな音楽と、最高にカッコ良いダンス。 ジェームス・ブラウンのファンと致しましては是非観たい!映画でございます。



スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する