FC2ブログ

「Jo Ann Kelly」

2014.03.04.Tue.00:26
いやはや、ブルースの世界が広過ぎて困ったものでございます。 最近知った 「Jo Ann Kelly」 ですが、1944年生まれのイギリス人であります。



64年頃からロンドンのクラブでフォークやカントリー・ブルースを歌い始め、クラブ・シーンでR&Bの人気が高まるとそれも取り入れた演奏を行ない、英国ブルース・シーンで活躍。米国で68年に開催されたブルース・コンペに出演すると翌69年デビュー・アルバム 『ジョ・アン・ケリー』 でデルタ・スタイルの力強いギターとダイナミックな歌唱力を披露した。

14030401.jpg

14030402.jpg

との事でありまして、この時代に泥臭いブルースを好んで演ってるイギリスの女性が居たと言う事だけで驚きですわ。 "Mississippi Fred McDowell" と一緒に吹き込んでたりするのでギターも直伝やろうし、"Stefan Grossman" の 「How To Play Blues Guitar」 にも出演してたりしてます。

あれこれと逸話があったりしますが、同じように泥臭いブルースが好きな私からすれば、共感できる感じがしないでもないですな。 ブルースの何処に嵌るか何て事は国も人種も関係無いんやろうけど、ブルースってものが出来るかどうかはまた別の話なんやろなぁ~。

1990年に脳腫瘍のため亡くなりました。



スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する