FC2ブログ

R. L. Burnside 「First Recordings」

2014.02.05.Wed.00:38
County Hill Blues な "R. L. Burnside" でございますが、イケイケなワン・コード・ブギと切れの良いカッティングが聴く者を痺れさせます。 最初に聴いた "See My Jumper Hanging On the Line (1978)" は強烈過ぎましたわ。



この時既に52歳だったので、その後の姿はかなりお歳を召した映像と、演奏の音源でございました。 なんせ、音楽ドキュメンタリー映画 『ディープ・ブルース』(1991年)に登場してから存在が知られたと言う事なので、それからのアルバムやらライブ映像などは沢山御座います。

私もそんな感じで "R. L. Burnside" を捉えておりましたが、この 「First Recordings」 を聴いて一変しました。 1968年に当時まだアマチュアだった "R. L. Burnside" を "George Mitchell" が発掘した時の録音で、 Fat Possum Records から発売されております。

14020501.jpg

01. Just Like A Bird Without A Feather
02. Goin' Down South
03. Come On In
04. Little Babe
05. Rollin' and Tumblin'
06. Jumper On The Line
07. Skinny Woman
08. Poor Black Mattie
09. Long Haired Doney
10. Peaches
11. Walkin' Blues
12. Hobo Blues
13. My Time Ain't Long
14. Sat Down On My Bed and Cried


話によると、仕事から帰って来た "R. L. Burnside" の自宅で録音したとの事ですが、演奏の素晴らしさ、音源の素晴らしさに驚かされますわ。 本来の姿がココにあるように感じましたが、その後は色々なスタイルを見せているので好みが分かれるかも知れませんね~。


スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する