FC2ブログ

「Ya'll Go Down South」

2013.06.17.Mon.00:15
BS特集 「ピーター・バラカン音楽紀行」 ~今伝 えたいミュージシャンたち~ に取り上げられ話題になった 『藤島晃一』 氏がピーター・バラカンに頼まれて撮影に行ったメンフィスからニューオリンズの映像である。



番組が打ち切りになり放映される事が無くなったテープをDVD化した為、編集もされてなくテーマも特になくダラダラとミシシッピの風景やそこに住む人々を映しているだけのものである。 が、泥臭いブルースが好きな俺としてはとても面白い映像である。



マニアックなブルースマンがちょこちょこ出てくる。 うらびれた町とそこに生きている人々から、これまで辿ってきた歴史と真実、表と影など様々なものが見える。 一般の人がこれを観てどの様に感じるかは何とも言えないが、何の知識も無いままこれを観ても多分何も感じない映像だと思ったりもします。

藤島晃一 氏は高知県の山奥に住むシンガー、ギタリスト。本業は 画家という多彩な才能の持ち主。 その圧倒的な存在感とパフォーマンスで、見るものを完全にノックアウトするって感じで紹介されてます。



バスキングをしながらヨーロッパやアメリカを旅していたそうで、その所々で出会ったバスカーたちを写真に収めた写真集 「Buskers on the road」 なども出版されてます。



ブルースマンなのかと言われると何とも言えませんが、藤島氏を聴いてブルースを感じる方も多いようです。



スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する