FC2ブログ

Skip James

2008.12.15.Mon.21:42
何とも怪しげな Blues って感じやけど、聴いてると心地よさが・・・。
Blues の中に Bluez を感じます。(よく分からんかな)

マイナー・キーの曲をファルセットを交えた凍り付くような、独特の陰湿なスタイルをもつ。
このスタイルは「ペントニア・スタイル」と呼ばれるそうです。



Skip James (スキップ・ジェイムス) 

本名:Nehemiah James (ネヒミア・ジェイムズ)
1902年6月9日、Mississippi 州 Bentonia 生まれ。

彼の父親は牧師であり信仰心強い家庭に生まれた。

高校で音楽のレッスン及び、ピアノの弾き方を学び、友人の Henry Stuckey から
ギターの弾き方を教わる。

1920年代から1930年代初頭にかけて、James と Stuckey は行楽やダンス会で
しばしば一緒に演奏した。

1930年、James は、Mississippi 州 Jackson のあるレコード店オーナー、H.P.
Speir に見出される。

1931年、Speir は、James を Wisconsin 州の Grafton に送り、Paramount
Records で26曲をレコーディングする。
この当時、レコード業界を襲っていた不況のため、James のレコードは、セールス的
には低迷した。
失望したJamesは、ブルースを演奏するのを止めて「Dallas Texas Jubilee Singers」
というゴスペル・グループを結成。
父の教えを受けるために Dallas に戻った。

1932年には、彼自身もバプテスト派の牧師として聖職に任命され、40年代半ばには、Mississippi に戻った。

1964年、Mississippi 州 Tunicaで入院しているところを、フォーク・ギタリストの John
Fahey とその友人、Bill Barth と Henry Vestine に見出される。
そして、この年に Rhode Island で行なわれる Newport Folk Festival で演奏するように
説得される。
Newport Folk Festival での演奏は、フォークやブルースのクラブをツアーし、各地の
フェスティヴァルに出演することを可能にした。
そして、そういった活動は、しばしば、Mississippi John Hurt と共になされた。

1969年10月3日、Pennsylvania 州 Philadelphia にて死去


スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する