FC2ブログ

Algia Mae Hinton その2

2018.02.12.Mon.00:14
先日お亡くなりになられた Algia Mae Hinton さんでございますが、88歳との事でございます。 どうも "ブルースマン = 昔の人々" なイメージがありますが、実際にはヒントンさんなど自分の父親と同じ時代の人だったりします。 どうもその辺のギャップが、自分の中で未だにスッキリしないのでありますが、ブルースという音楽はそれ程昔の音楽では無いって事でしょうかねぇ。

御冥福をお祈りいたします。 m(__)m


18021201.jpg

生年月日: 1929年8月29日
生まれ: アメリカ合衆国 ノースカロライナ州 ジョンストン郡
死亡: 2018年2月8日

Algia Mae Hinton は1929年ノースカロライナ州ジョンストン郡で14人兄弟の末っ子として生まれました。 9歳の頃から弾きはじめ、10代には地域の踊りやハウスパーティでプレイしていたそうですわ。

地元では悪魔と取引してそのテクニックを手に入れたと信じられていたそうですが、彼女の母(オリー・オニール)は、ギター、アコーディオン、自動ハープ、ハーモニカと口琴を演奏した優秀な音楽家で、彼女は子供たちに幼い頃から音楽を教えていたそうです。 ヒントンはダンスの才能も開花させ、頭の後ろでギターを弾きながら複雑なステップで踊る事も出来るようになったそうです。

ヒントンは結婚して7人の子供をもうけましたが、1965年に夫が早死にしたため農作業で生計を立て、副業でギターとダンスを演奏していたそうです。 1978年、ノースカロライナフォークライフ祭に招待されました。 その後は国立民俗フェスティバル、シカゴ大学のフォークフェスティバル、カーネギーホール、ノースカロライナ美術館で演奏してます。

1984年に家が全焼し、これまで彼女が書いてきた伝統的なブルース、 民謡やゴスペルの歌、私が持っていたすべてを失ったと言っております。 1992年にはノースカロライナ遺産賞を受賞、そして1999年にアルバム 「Honey Babe」 をリリースしました。





Algia Mae Hinton はピードモント・スタイルの軽快なギタースタイルですが、アルバム 「Honey Babe」に入っている "My Baby 's Gone" って曲が好きな私でございます。









スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する