FC2ブログ

「Geeshie Wiley」

2015.07.17.Fri.00:15
Geeshie Wiley(ギシー・ワイリー) 本名:Lillie May Wiley  
Ishman Bracey の証言によればミシシッピ州ナチェスの出身との事で、戦前のミシシッピー・デルタ・ブルース女性歌手でございます。

写真などもなく詳しく知ることは出来ないようですが、1920年代にはミシシッピー州ジャクソンのメディシン・ショウでチャーリー・マッコイと組んで歌っていたと言われています。

15071701.jpg
(彼女の曲が入っているアルバムの写真は彼女自身ではありません)

1930年の3月、彼女は "Last Kind Word Blues" と "Skinny Leg Blues" をパラマウントに吹き込む。 Elvie Thomas が伴奏を務めている。Thomas もこの時 "Motherless Child Blues"、"Over to My House"の録音を行った。 Thomas の吹き込みでワイリーはギターの伴奏、コーラスを務めている。

1931年3月、二人は再び共に "Pick Poor Robin Clean" と "Eagles on a Half" を録音。

経歴や活動の詳細については知られていないが、ニックネームの"Geechie"及び"Geechee"はサウスキャロライナ、ジョージア沿岸部で一般的なあだ名だったことが知られている。

彼女の"Last Kind Word Blues" はTerry Zwigoff によって1994年に撮影されたカートゥーン作家でSPレコードの蒐集家としても知られるロバート・クラムのドキュメンタリー映画、Crumb の中で使用されている。

との事でありまして、最初に "Last Kind Word Blues" を聴いた時には、何とも欧風でノスタルジックなメロディーと内容に驚きました・・。  ワイリー自身が書いたとは思えませんが、ブルーズ過ぎますなぁ。





「Last Kind Word Blues」

The last kind word I heard my daddy say
Lord, the last kind word I heard my daddy say

If I die, if I die in the German War
I want you to send my body, send it to my mother, Lord

If I get killed, if I get killed, please don't bury my soul
I p'fer just leave me out, let the buzzards eat me whole

When you see me comin', look 'cross the rich man's field
If I don't bring you flowers, I'll bring you buzzard meat

(Guitar Solo)

I went to the depot, I looked up at the sign
Cry some train don't come, there'll be some walkin' done

My momma told me, just before she died
Lord, listen daughter, don't you be so [blind]

The Mississippi River, you know it's deep and wide
I can stand right here, see my place from the other side

What you do to me baby, it never gets out of me
I [mean?] I'll see you, if I have t’ cross the deep blue sea




スポンサーサイト