FC2ブログ

B.B.King

2015.05.18.Mon.00:18
キング・オブ・ブルース、B.B.キングが木曜夜 (5月14日)、米ラスベガスの自宅で息を引き取った。 89歳だった。

15051801.jpg

キングは4月、持病の糖尿病による脱水症状などで2度ほど病院へ収容されていた。どちらもすぐに退院しており、今月初め、「ラスベガスの自宅で、在宅ホスピス・ケアを受けている。 お見舞いの言葉や祈り、ありがとう」 とのメッセージが発表されたばかりだった。

1925年米ミシシッピ州で誕生したキングは、メンフィスに移り住みギターを習得、1949年にデビュー・シングル 「Miss Martha King」 をリリース。 「Three O’Clock Blues」 や 「You Know I Love You」 「Please Love Me」 「You Upset Me Baby」 など数えきれないほどのヒット曲を生み、そのヴォーカルやギター・テクニックはブルースに限らず、数多くのミュージシャンに影響を与えた。

1980年にはブルースの殿堂入り、87年にはロック度殿堂入りを果たした。 グラミーの受賞は15回を超え、Grammy Life Achievement、Grammy Hall Of Fame Award を受賞している。

つい最近まで現役でライブ活動を行っていたが、2014年秋、ツアーを途中でキャンセルし、その健康が心配されていた。

合掌。

「BARKS-2015/05/15」 より




この様な動画をチョイスしてみましたが、よくぞ残っていたものだと感心致しますなぁ。 B.B.King なファンであれば堪らない動画や思います。 (たぶん)

B.B.King について今更説明することも無いと思いますが、本名 Riley B. King 、1925年9月16日生まれ。アメリカ合衆国のブルースギタリスト、歌手、作曲家。1950年代から現在まで常に第一線で活躍してきたブルース界の巨人でございます。

日本においても B.B.King を愛する方が多いのではないかと思いますが、ブルースという音楽を長年にわたり演り続け、広く知らしめた功績は偉大なものであります。 泥臭いブルースとはかけ離れた、商業的でお洒落なブルースでありますが、それもまたブルースでございます。

89歳とのことで、ブルースマンにしては長生きされたんじゃないかと思うわけですが、ブルースマンの生没年表を見ていると、2000年以降に亡くなられたブルースマンってのは結構長寿のようですね。 一概に言えるわけじゃありませんが、その頃から医学、医療が進歩したって事なのでしょうかね~?

Otis Rush、Bobby Rush、Buddy Guy 様 長生きしてくださいませ・・。 (´Д`)




スポンサーサイト