FC2ブログ

「Ranie Burnette」

2015.04.30.Thu.00:39
1913年7月4日ミシシッピ州パノーラ郡セナトピア生まれ。
2000年6月23日テネシー州メンフィスで死去。



1940年代と50年代に北ミシシッピの丘陵地帯にあるジューク・ジョイントで演奏していたとの事で、Hill Country Blues な Mississippi Fred McDowell や R.L. Burnside と共に地元の踊りなどで演奏していたようでございます。

15043002.jpg

初めてレコーディングしたのは1980年のシングル盤で、動画に映っているジャケットででございます。 1998年には R.L. Burnside / Johnny Woods とアルバムを出しておりますね。 Hill Country 特有な単調やけど何とも言えないグルーヴ感がたまりません。 Ranie Burnette においては何とも田舎臭い感じが良いですわ。

初めて聴いたのは 『Rural Blues 2』 というタイトルそのままの、オムニバスアルバムでございまして、たぶん田舎ではこんな感じで楽しんでたんじゃないか?ってのがリアルに伝わってくるアルバムでございました。

15043001.jpg

2012年には Ranie Burnette's Hill Country Blues という "LP" が発売されたりしまして、ジャケット見ながら田舎臭いブルースのレコードを聴くってのが、これまた良い感じじゃないかと思ったり致します。 最近またレコードが流行ってる様ですなぁ。 面白いもんです。 (´Д`)







スポンサーサイト

HIDEAWAY 2015年5月 予定

2015.04.27.Mon.00:18
2015年5月 HIDEAWAY スケジュール

15042701.jpg

Charge with 1drink   ※開演時間に御注意ください


1日 (金)  19:00~ 
BLACK MUSIC NIGHT (Blues、Soul、Reggae) ¥1,000

2日 (土)  19:00~
BLUES JAM SESSION  ¥1,000

3日 (日)  20:00~ 
TOKU(Harp.Vo.) ・ DAN(Vo.G) ・ 哲(Vo.G) ・ OZZY(Vo.G) ¥1,500

4日 (月)  19:00~ 
ハワイアンナイト サニーアイランダーズ ・ サムタイム サムウェア ¥1,500

5日 (火)  20:00~ 
Blues 伝道 Project (Acoustic Blues)  ¥1,500

7日 (木)  19:00~
とび入りナイト 出演自由 (ノンジャンル) ¥1,000

8日 (金)  19:00~
BLUES JAM SESSION  ¥1,000

9日 (土)  20:00~ 
DAN ALL STARS (R&B) ¥1,500

10日 (日)  19:00~
とび入りナイト 出演自由 (ノンジャンル) ¥1,000

11日 (月)  19:00~
BLUES JAM SESSION  ¥1,000

12日 (火)  19:00~
とび入りナイト 出演自由 (ノンジャンル) ¥1,000

14日 (木)  19:00~
とび入りナイト 出演自由 (ノンジャンル) ¥1,000

15日 (金)  20:00~ 
佐藤弘之 (春秋楽団) ・ TOKU、DAN、木下 ¥2,000

16日 (土)  19:00~
とび入りナイト 出演自由 (ノンジャンル) ¥1,000

17日 (日)  20:00~ 
AKAGI'S Night  - しーな と シュウ - ¥1,500

18日 (月)  19:00~
BLUES JAM SESSION  ¥1,000

19日 (火)  19:00~
とび入りナイト 出演自由 (ノンジャンル) ¥1,000

21日 (木)  20:00~ 
MOONY (Vo.G)、KOTEZ (Vo.Harp) ¥3,000

22日 (金)  19:00~
BLUES JAM SESSION  ¥1,000

23日 (土)  19:00~ 
モコ&クリス (Early Summer Night) ¥1,500

24日 (日)  19:00~ 
グッドケアーズ (ハワイアン、etc・・) ・ 温故知新 (Jazz、etc・・) ¥3,000

25日 (月)  19:00~
BLUES JAM SESSION  ¥1,000

26日 (火)  19:00~
とび入りナイト 出演自由 (ノンジャンル) ¥1,000

28日 (木)  19:00~
とび入りナイト 出演自由 (ノンジャンル) ¥1,000

29日 (金)  20:00~ 
徳田健 (Vo.G) ¥\2,000

30日 (土)  20:00~ 
TOKU & Mystery Train (Blues)  ¥1,500

31日 (日)  19:00~
アコースティク ナイト  とび入りOK ¥1,000




■ お問い合わせ
〒720-2117 広島県福山市神辺町下御領1383-4
TEL:084-965-0410 FAX:084-966-2290

Facebook Page
https://www.facebook.com/livehousehideaway




「Martin Luther King, Jr.」

2015.04.24.Fri.00:15
「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア」 と言ってもピンとこないのでありますが、「キング牧師」 なら聞いたことがある方も多いと思います。

15042401.jpg

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア (Martin Luther King, Jr., 1929年1月15日 - 1968年4月4日) は、アメリカ合衆国のプロテスタントバプテスト派の牧師である。 キング牧師の名で知られ、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活動した。 「I Have a Dream」 (私には夢がある) で知られる有名なスピーチを行った人物。 1964年のノーベル平和賞受賞者。 2004年の議会名誉黄金勲章受章者。 アメリカの人種差別 (特にアフリカ系アメリカ人に対する差別) の歴史を語る上で重要な人物の一人である。

少し前にも書きましたが、1862年9月奴隷制が廃止された後、白人と有色人種との差別という以前にもまして非道な扱いをされ続けてきたわけであります。 1960年代にキング牧師指導を中心に公民権運動が血気盛んに行われました。1965年3月7日、アラバマ州セルマで黒人の有権者登録の妨害に抗議する600人が立ち上がりました。

白人知事はデモ行為を秩序を乱す行為として徹底抗戦すること宣言し、デモ隊に対して無抵抗にも関わらず州兵や保安官たちが棍棒や鞭、催涙ガスなどで暴力的行為を行い17人が病院送りとなりデモは失敗したのであります。 が、

その模様が世界中の新聞やニュースに大々的に取り上げられ、その姿から「血の日曜日事件」 と呼ばれるようになりました。 2週間後に再び行われたデモは2万5000人規模にまで膨れ上がり、事態はやがて大統領を巻き込み、セルマのみならず世論を動かすうねりへとなっていったのであります。

15042402.jpg

その 「血の日曜日事件」 を題材に描いた映画 『Selma』 (邦題:「グローリー 明日への行進」)は、6月から東京・有楽町のTOHOシネマズシャンテほか全国順次公開! って事で、是非とも見に行かなあきませんな。 このような映画が制作される(出来る)ようになった事に賛辞を送りたいのであります。 黒人が大統領になった時も驚きましたが・・・。 (´Д`)




実際の映像が残されております。
Bloody Sunday march across the Edmund Pettus Bridge in Selma, Alabama (March 7, 1965)






Joe Willie Wilkins

2015.04.21.Tue.00:32
1921年1月7日 ミシシッピー州ダヴェンポート生まれ。
1981年3月28日 テネシー州 メンフィスにて没。

15042101.jpg

45年頃にサニー・ボーイ II やロバート・Jr・ロックウッドらとラジオ局 KFFA のキング・ビスケット・タイムで共演。 その後、サニー・ボーイ、ウィリー・ラヴ、ウィリー・ニックスらとツアー。 51~53年にはサニー・ボーイとトランペットに録音し、P-Vine で聞ける。 50年代~60年代にウィリー・ラヴ、アーサー・クルーダップ、ルーズヴェルト・サイクスらと録音。 73年にも録音がある。 メンフィスのハイ・レコードにも録音。

って事でございまして、サイドマンとして数多くの録音に参加しております。 やはりメインとしてのブルースマンじゃないと、なかなか知る由も無い訳でありますが、先日 YouTube を見ておりましたら 彼の "Me & The Devil Blues" を聴きまして、まだまだ凄いブルースマンがいることに驚いた次第でございます。



彼はミシシッピデルタの中心部に生まれ、父親はブルースマンの "Papa Frank Wilkins" で "Charley Patton" の友人だったとの事。 ハーモニカとアコーデオンの両方を学び、早い年齢でかなり良い感じのブルースを弾いていたようです。 要求された曲は何でもこなす才能があったようで、ジュークボックスの異名があったとか。 何となくわかる気がしますね~。

あまり詳しいことは分かりませんが、何処かで聴いたことがあるフレーズが盛りだくさんだったり、アレンジが同じだったりするのって、どっちが元なんだろう? などと楽しく聴けたり致します。 唯一のアルバム 「Joe Willie Wilkins & His King Biscuit Boys」 はCD化されず Amazon.com で Used $225.00 の値が付けられておりました・・。 (´Д`)

15042102.jpg

JOE Willie Wilkins Memphis Blues Caravan Lp






「War & Pierce」

2015.04.18.Sat.00:28
遠い日本から彼女 (Sunny War) がどのようになって行くのか見守っている訳でありますが、最近組んだユニットは 「War & Pierce」 って事で、なかなか良いんじゃないかと思っております。

15041801.jpg

お相手は Chris Pierce (クリス・ピアス) 氏でありまして、カリフォルニア出身のシング・ソングライターであります。 

15041802.jpg

クリス・ピアスが奏でるサウンド。 それは、カリフォルニアの海と太陽を感じさせる、ゆるいアコースティック・サーフ・ロック。ソウル、フォーク、ロック、レゲエ、ブルース等といった要素をなめらかに織り交ぜ、リスナーに癒しを与えてくれる。 アカデミー賞受賞作、映画 「クラッシュ」 のサウンドトラックとなった "Are You Beautiful" は全米で大反響を呼ぶ!! との事でございます。



彼女の癖のあるというか独特な声と、良い感じに絡めたクリス・ピアス氏の声が非常にバランスがとれておりまして、素晴らしいとしか言いようがありませんねぇ。 ここまで合わせれる相手が居たことにも驚きました。 今後の活躍が楽しみですわ。


「War & Pierce」 公式HP
http://www.warandpierce.com/

Facebook Page
https://www.facebook.com/warandpierce




Live報告 「Blues 伝道 Project 第46弾!」

2015.04.15.Wed.00:16
2015年4月10日 神辺 「HIDEAWAY」 にて

今宵もまた怪しい奴らが集まりまして、第46弾!演らせて頂きました。 久しぶり参戦の "ひこ&ちあき" と "JAR赤松" でございます。 そして今回、エレクトリック・ブルースのドラマー "沼さん" がアコースティック・ブルースでも叩きたい!とのご要望でカホンで参戦してくれました。 そして最近出演率が高くなってきたSAXの延谷氏でございます。

15041509.jpg

15041501.jpg

益々怪しいブルースライブになってまいりましたが、何時ものようにOAは ohashi からでございます。 混ざり混ざられセッションやら何やら分からないまま、皆さんに遊んで頂きました。 日頃一人で演るので自分を見失いますな・・・。 セッション慣れしないといけないと反省した次第でございます。 m(__)m

15041502.jpg

15041503.jpg

「Tany」 さんです。 日頃から鍛えてるので仕切りますなぁ~。素晴らしい! TOKUさん、沼さんとの息も合ってますね。

15041504.jpg

15041511.jpg

15041505.jpg

「JAR赤松」 さんです。 Open D で何でも弾く赤松氏でございますが、最近は津軽三味線を練習中だそうで、とても難しいと申しておりました。 久しぶりに聴く赤松氏のブルースはやはり素晴らしいですわ。

15041506.jpg

15041507.jpg

「ひこ&ちあき」 でございます。 こちらも久しぶりでございます。 だいぶまとまってきて、違和感がなくなってきましたね。 これから何処に行くのか楽しみでもあります。 ちあきさんのハスキーボイスも魅力でございます。

15041508.jpg

15041510.jpg

てな感じで今回も無事終了。

ブルースに興味ある方も来られまして、少しだけレッスンなどしてみたり。 気軽にライブにこれて、気軽に参加出来たりするのが良いんじゃないかと思っております。 





『HOHNER』 な話し

2015.04.11.Sat.00:33
最近ご無沙汰なハーモニカでございます。 たま~に吹いたりはする訳ですが、元々まともに吹けないので、いきなりフレーズなども出てくるわけもなく、散々な結果になるのであります・・・。

15041101.jpg

久しぶりに 『HOHNER』 のページを見に行きましたらアイテムが色々と増えてましたね。 良さげなハーモニカホルダーなどもございました。 取り付けの位置、角度、高さの3点が調節でき、ハーモニカ装着面はゴムでカバーされていて傷つける心配がありません。 という "FLEXRACK" ですわ。 存在感有有ですが・・。

15041102.jpg

こちらは 『Hoodoo Hand Wireless Microphone』 って事で、ケーブルが無くなりアクションし放題なセットでございます。 指に嵌めるリングにマイクを取り付けるようです。 音的にはどの様な感じなのかは不明でございます。 HOODOO のネーミングらしい赤いフランネルの袋に入ってるのでしょうか?

15041103.jpg

15041104.jpg

先日楽器屋さんで見て驚きましたが、今頃は "Marine Band" は紙箱入りなんですねぇ。 ハーモニカケースに入れたら以前のようなプラスティックのケースは不要になるので、要らないって言ったら要らないのでありますが・・・。 私も家に空ケースが転がっておりますな。

15041105.jpg

15041107.jpg

こちらは数年前、ホーナーの新マリンバンド "CROSSOVER" が発売された時に販売促進用に作られた非売品のUSBメモリだそうです。 『Hohner Crossover Harmonica USB Drive 1GB』 との事で、HOHNER ファンには堪らない一品かと思いますが、今頃は 1GのUSBメモリーでは容量が少なすぎて使いようがない気も致します。

15041106.jpg

アコーデオンも最近はカラフルになってますね~。 昔からかもしれませんが、気にして見てなかったので知りませんでした。 私的には アコーディオン = 暗い イメージでしたが、蛇腹にもデザインされてたりして、ビジュアル的にも良い感じですなぁ。 カッコ良くて驚きました。 (@_@;)


って事で、取り留めの無い 『HOHNER』 な話なのでありました・・・。




告 「Blues 伝道 Project 第46弾!」

2015.04.08.Wed.00:11
「Blues 伝道 Project 第46弾!」

15040801.jpg

2015年4月10日(金) 神辺 「HIDEAWAY」にて

Charge : ¥1500 with 1drink  開演:20:00~

出演 : TOKU ・ ひこ&ちあき ・ JAR赤松 ・ 山室 ・ Tany ・ Yoco ・ ohashi

飛び入りOK!


今回は "花の金曜日" (古) でございます。
春らしくなって来たと思っていたら、寒の戻りでイキナリ冬に逆戻り・・・。
お酒飲んでブルース聴いて温まりましょう! (温まるかな?)

ひこ&ちあき ・ JAR赤松 が久々に登場致します。



・お問い合わせ
HIDEAWAY
〒720-2117 広島県福山市神辺町下御領1383-4
TEL:084-965-0410 FAX:084-966-2290





Bluesman 生没年表 (2015 現在)

2015.04.05.Sun.00:19
生没年表2015年現在でございます。 あくまでも独断と偏見でリストアップしてありますのでご了承ください。 尚、Blind Blake などデータが不明なブルースマンもありますので、あくまでも目安程度と言う事でみてくださいませ。

長生きの方も居れば若く亡くなる方もいますので、並べてみると色々と発見出来たりするのであります。 私の年代でも生存されていたブルースマンも多かったわけで、自分が思うほど昔の事でもないのでありますなぁ。 (@_@;)

興味のある方はコピってお持ち帰りくださいませませ。

15040501.jpg


生     没    歳   名前

1873 ~ 1958  85  W.C.Handy
1874 ~ 1930  56  Henry Thomas
1886 ~ 1939  53  "Ma" Rainey
1888 ~ 1949  61  Leadbelly
1890 ~ 1957  67  Willie Brown
1891 ~ 1934  43  Charley Patton
1893 ~ 1964  71  Bo Carter
1893 ~ 1958  65  Big Bill Bloonzy
1893 ~ 1966  73  Mississippi John Hurt
1893 ~ 1981  88  Furry Lewis
1894 ~ 1970  76  Lonnie Johnson
1894 ~ 1937  43  Bessie Smith
1895 ~ 1933  38  Blind Blake
1895 ~ 1976  81  Mance Lipscomb
1896 ~ 1972  76  Rev. Gary Davis
1896 ~ 1956  60  Tommy Johnson
1896 ~ 1987  91  Robert Wilkins
1897 ~ 1930  33  Blind Lemon Jefferson
1897 ~ 1949  52  King Solomon Hill
1897 ~ 1960  63  Sylvester Weaver
1897 ~ 1973  76  Memphis Minnie
1897 ~ 1983  86  Sam Chatmon
1899 ~ 1965  66  Sonny Boy Williamson Ⅱ
1899 ~ 1969  70  Joe Callicott
1899 ~ 1977  78  Sleepy John Estes
1899 ~ 1982  83  DeFord Bailey
1900 ~ 1974  74  Pink Anderson
1901 ~ 1959  58  Blind Willie Mctell
1901 ~ 1968  67  Kokomo Arnold
1901 ~ 1970  69  Ishman Bracey
1902 ~ 1931  29  Barbeque Bob
1902 ~ 1947  45  Blind Willie Johnson
1902 ~ 1962  60  J.D. Short
1902 ~ 1969  67  Skip James
1902 ~ 1988  86  Son House
1903 ~ 1962  59  Scrapper Blackwell
1903 ~ 1981  78  Tampa Red
1903 ~ 1982  79  Big Joe Williams
1904 ~ 1972  68  Mississippi Fred McDowell
1905 ~ 1974  69  Arthur 'Big Boy' Crudup 
1905 ~ 1935  30  Leroy Carr
1905 ~ 1950  45  Kansas Joe McCoy
1906 ~ 1977  71  Bukka White
1907 ~ 1972  65  Black Ace
1907 ~ 1941  34  Blind Boy Fuller
1907 ~ 1967  60  Dan Pickett
1908 ~ 1950  42  Tommy McClennan
1908 ~ 1990  82  Flora Molton
1910 ~ 1968  58  Rosalie Hill
1910 ~ 1975  65  T-Bone Walker
1910 ~ 1976  66  Howlin' Wolf
1911 ~ 1938  27  Robert Johnson
1911 ~ 1986  75  Sonny Terry
1911 ~ 1985  74  Big Joe Turner
1912 ~ 1982  70  Lightnin' Hopkins
1914 ~ 1948  34  Sonny Boy WilliamsonⅠ
1914 ~ 1980  66  Robert Pete Williams
1914 ~ 2006  92  Homesick James
1915 ~ 1976  61  Lil Son Jackson
1915 ~ 1986  71  Rev Pearly Brown
1915 ~ 1992  77  Johnny Shines
1915 ~ 1983  68  Muddy Waters
1915 ~ 1992  77  Willie Dixon
1915 ~ 1973  58  Sister Rosetta Tharpe
1915 ~ 2006  91  Robert Junior Lockwood
1915 ~ 2011  96  Honeyboy Edwards
1917 ~ 1975  58  Hound Dog Taylor
1917 ~ 1981  64  Big Walter Horton
1917 ~ 2001  84  John lee Hooker
1918 ~ 1963  45  Elmore James
1923 ~ 1992  69  Albert King
1923 ~ 1985  62  Eddie Taylor
1923 ~ 2006  83  Jessie Mae Hemphill
1924 ~ 1997  73  Jimmy Rogers
1925 ~         B.B.King
1925 ~ 1976  50  Jimmy Reed
1926 ~ 1984  58  Big Mama Thornton
1926 ~ 1993  67  James "Son" Thomas
1926 ~ 2005  79  R.L. Burnside
1927 ~ 1975  48  Smoky Babe
1927 ~         Barbara Dane  
1928 ~ 2008  80  Bo Diddley
1929 ~ 1967  38  J.B. Lenoir
1930 ~ 1968  38  Little Walter
1930 ~ 1970  40  Otis Spann
1930 ~ 1976  46  Freddie King
1930 ~ 1998  68  Junior Kimbrough
1931 ~ 2002  71  Jimmy Lee Robinson
1931 ~ 2011  80  Hubert Sumlin
1934 ~ 1993  54  Boyd Rivers
1934 ~ 1998  64  Junior Wells
1934 ~         Otis Rush
1935 ~          Bobby Rush 
1936 ~         Buddy Guy
1936 ~ 2009  73  Snooks Eaglin 
1938 ~ 1993  55  Karen Dalton
1938 ~ 2012  74  Etta James
1942 ~ 2013  71  Precious Bryant
1942 ~          Taj Mahal
1943 ~         Maria Muldaur
1944 ~ 1990  46  Jo Ann Kelly
1949 ~         Bonnie Raitt
1949 ~         Rory Block
1951 ~         Keb' Mo'
1964 ~         Chris Thomas King
1969 ~         Corey Harris
1991 ~         Marquise Knox




『Mississippi Burning』

2015.04.02.Thu.00:05
『ミシシッピー・バーニング』(Mississippi Burning)は、1964年に米ミシシッピ州フィラデルフィアで公民権運動家3人が殺害された事件をモデルにしたノンフィクション映画。1988年公開。 アカデミー撮影賞受賞作品でございまして、前回の 「KKK」 の続きということで補足しておきたいと思います。

15040201.jpg

初公開: 1988年12月9日
監督: アラン・パーカー

映画の元になった事件というのが 「公民権運動家リンチ殺害事件」 でありまして、1964年、ミシシッピ州ネショバ郡で、有権者登録運動を推進していた人種平等会議 (CORE) の活動家3人が、保安官に交通違反で逮捕された後、KKK に身柄を引き渡されリンチで殺害された。 という事件でございます。


黒人が選挙権を得る為、選挙登録をする様、又、差別による選挙登録テストをサポートするキャンペーン (Freedom Summer) が行われ、白人、黒人、共に、CORE (Congress on Racial Equality:人種平等会議) に参加した。

公民権運動家でユダヤ系のマイケル・シュワーナー (24歳) と黒人のジェームス・チェイニー (21歳) は、ミシシッピー州ネショバ郡にて、選挙登録と白人所有のお店をボイコットする様、運動する中、マイケルはKKK のターゲットになる。

1964年6月16日マイケルがミシシッピー州の教会に打合せに来ると思い、KKK メンバー30人は、ショットガンを持って、教会へ行くが、本人はオハイオ州にいて、誤った情報だと気付くと、KKK は、教会にいた人達を殴りつけ放火する。

マイケル、ジェームスは、オハイオ州で新たに運動に加わったユダヤ系のアンドリュー・グッドマン (20歳) と3人は、6月20日にこの教会の放火事件と被害者を確認しに、ミシシッピー州へ出掛け、マイケルがターゲットである事を警告される。 KKK メンバーの保安官補佐に見つかり、ジェームスはスピード違反で、他2人は放火の容疑で逮捕され、その晩に、釈放されるが、KKK メンバーに追われる。

行方不明となってから44日後に、3人はミシシッピー州の郊外にて死体となって発見された。



しかしながら映画では、都合の良いように脚色というか、史実と反する内容だった為、公民権運動家達が激怒したのであります。

第一に、映画では FBI が大活躍するが、これはまったく史実と反していた。公民権運動家やミシシッピ州の黒人は何度も FBI や司法省に保護を求めたのだが、拒否され続けた。 その結果リンチ事件が起きたのである。

第二に、映画では、獅子奮闘する FBI が犯人を逮捕し起訴するのだが、これも史実とは異なっていた。 3名を殺害したのにもかかわらず、有罪判決をうけたものはごくわずか、しかも殺人罪ではなく、公民権侵害で起訴され、六年以上の懲役に服したものはいない。

とまぁ、詳細は長くなるので省略致します。 m(__)m

史実と違うかもしれませんが、実際にこのような事がアメリカで行われているという事を、映画を通して知る訳でありますから功績は大きいと思います。 ブルースの歴史等を調べているからこそ、アフリカから奴隷として連れて来られ、その後の経緯やどの様な扱いをされてきたかを知るようになりましたが、気にすることが無ければ只の一つの事件であったり、ただの映画であったりするのかもしれませんね・・。