FC2ブログ

「Kirk Franklin」

2015.03.20.Fri.00:09
カーク・フランクリン(Kirk Franklin、1970年1月26日 - )は、アメリカ合衆国のゴスペル歌手。 ゴスペルをヒップ・ホップ等の音楽を取り入れた、アーバン・コンテンポラリー・ゴスペルというスタイルを用いている。また彼はクワイアを率いているが、伝統的なスタイルではなく、ストリート感覚のある洗練されたファッションセンスを持っている。

15032001.jpg

母親は出産当時15歳の未婚者だったため、3歳の時にクリスチャンである64歳の叔母に引き取られた。 実の父親は誰であるかはカーク自身も知らない。 彼の音楽の才能を見出した叔母が、空きカン集めをして彼のピアノ・レッスン代を工面した。わずか11歳で教会の音楽リーダーとなる。

反抗期を迎えるようになると、両親不在の寂しさからカークは非行へと走るようになる。 しかし、15歳の時、親友が銃に撃たれて死亡したのを切っ掛けに、悔い改め、再び叔母の助けを借りて教会へ戻る。 以後ゴスペルに本腰を入れて曲を書き始める。当初は敬虔な信徒としての歌詞を書いていた。

ってな感じでございまして、2007年のグラミー賞でも、2部門(最優秀ゴスペル曲・最優秀コンテンポラリー・ソウル・ゴスペル・アルバム)を受賞しましたし、グラミー賞・ステラー賞の常連との事であります。 ゴスペルとの融合というのは昔から色々と問題があったりしておりますが、俗の方へ寄ってしまうと敬虔なクリスチャンから批判,、非難されるようでございます。



時代の移り変わりと共に、ゴスペルの形も現代風にするのも良いのではないかと、無宗教の私は思ったりもする訳ですが、ただ単にヒップ・ホップとゴスペルが好きなだけという話もあります・・。

"カーク・フランクリン" なかなか良いですわ! (^^)v





スポンサーサイト