FC2ブログ

「Oh Happy Day」

2014.04.19.Sat.00:20
日々、虐げられた生活を送っておりますが、この様な歌声を聴くと心が洗われます・・。 1993年に公開された映画 『天使にラブソングを2(SISTERS ACT 2)』 の一場面ですが、この映画の前作も素晴らしいですわ。 何度見ても感動致します。



「Oh Happy Day」 は18世紀の賛美歌が元になっているゴスペル・ソングとの事で、 ゴスペルのスタンダード曲として定着しております。 作詞作曲はコンテンポラリーゴスペルの父と呼ばれる "Edwin Hawkins" でありまして、彼が結成した北カリフォルニアユースクワイアのアルバム "Let us go into the House of the Lord" の1曲でした。

地元のFM曲でかけられるようになってから、瞬く間に全米に広がり、ついには、ビルボードの4位にまで上がる大ヒット。 1969年には700万枚を売り上げ、グラミー賞をを獲得しました。 その後、グループの名前をエドウィン・ホーキンス・シンガーズとして、全米及び、ヨーロッ パ各地をツアーし、グラミー賞を何度も受賞したとの事です。

それにしても、ゴスペルの歌い方と言うか、声と言うかグルーヴというものが独得でありまして、歌唱力の有る方が歌うその声を少し聴いただけでも鳥肌が立ちますわ~。 素晴らしいです。


14041901.jpg

Oh, happy day
When Jesus washed
He washed my sins away
Oh, happy day

おお、幸せなる日
神が私の罪を清めたもうた
おお、幸せなる日

He taught me how to match
Fight and pray,fight and pray
And live rejoicing day
Free day,every day

神は教えたもうた
調和を、努力を、祈りを
そして喜びに満ちた自由な日々を




スポンサーサイト