FC2ブログ

「Get Right Church」

2014.03.16.Sun.00:10
ゴスペル(Gospel music)は、アメリカ発祥の音楽の一ジャンル。元来はキリスト教プロテスタント系の宗教音楽。ゴスペルは英語で福音および福音書の意。ゴスペルソング、またゴスペル音楽(ゴスペルおんがく)ともいう。

奴隷としてアメリカ大陸に連行されたアフリカ人は彼ら独自の言語・宗教などをいっさい剥奪された。その苦しい状況下で、彼らのうちのある人々は、救いを与えるゴスペル(福音)と出会い、個人的なキリスト教への改心を経て、神に彼ら独自の賛美をささげるようになった。

こうしてアフリカ特有の跳躍するリズム、ブルー・ノート・スケールや口承の伝統などとヨーロッパ賛美歌などの音楽的・詩的感性が融合してスピリチュアル(黒人霊歌 negro spiritual などとも言う)という現在のゴスペルの基調となる音楽が生まれた。後年になってジャズやロックなど様々なジャンルと結びついてその音楽性は今も進化し続けている。
- Wikipedia -




ブルースとゴスペルは正反対とか裏と表とか言われたりもするが、実は同じだったりするようだ。 何がどの様に同じなのかって事は置いといて、教会に通う人々がブルースを嫌っていたという話は当時のブルースマンの話などにもあるが、結局は何かに救いを求めなければ生きていけない状況であったのは、信仰を持つ者と持たない者も同じであっただろうと推測される。 (勝手に推測してるだけであるが)

歌っている内容は違うモノではあるが、響いてくるものは同じだったりするのは俺だけかな? "Mississippi Fred McDowell" も聖と俗の狭間で苦悩していたのかもしれないなぁ。



スポンサーサイト