FC2ブログ

第9回 S.F.J のご案内。

2008.09.30.Tue.23:57
第9回となりました「シーサイド・フォーク・ジャンボリー」でございます。
フォーク系やねんけど唄わせて頂けるので参加しております。

開催日:2008年10月19日(日)
場所:因島 大浜公園
時間:AM9時頃から夕方





雨天決行。野外で芝生。無料。海の横。屋根もある。
近くにお店なし。飲食持参。

出演予定者

?月の美しゃ+ゼリー
?のぶちゃん
?たつき
?always くにお
?どらみ
?ゆ~すけ
?ロマン柏原
?よいたんぼう
?駄菓子屋ジャクバンド
?エ~コwithフレンズ
?☆真凛
?モンゴル大橋
?アッキー
?タクヤ(和音)
?AIR+☆Loves
?月河

宜しく~。
スポンサーサイト

Brazilian Station Live

2008.09.28.Sun.16:44
9月27日(土)ブラジリアンステーションにて。

「IMF」(インゲ・モンゲ・ファイヤーズ)








ロック系は聴かないので良く分からないけど、若さがあって
良いです。テクニックよりパワーって感じやね。

「トラフィックニュース」








流石にバンド歴が長いのでまとまっていますわ。
ロック系と言うよりもPOP系かも。オヤジバンドって感じでやね。

Live の後は何時ものセッション大会しました。
帰ったのは朝の4時や・・・・。

Liveのお知らせ

2008.09.27.Sat.14:11


9月27日(土)って今日やん!

ブラジリアン・ステーション にて(松永駅前)

21時頃から。 チャージ無し。

出演:
「トラフィックニュース」

プカプカのベース、坂さんのバンド。
かれこれ30年続いてるそうです。 ロック系。

「IMF」

みっちゃんのバンド。ロック系。


どちらも聴いたことが無いんで、コメント入れれません。
宜しく~~。

Eric Clapton 自伝 を読んでみた。

2008.09.24.Wed.22:18
読む気は無かったんやけど、
演奏会を聴きに行ったら時間が早すぎて余の暇さについ・・・。



Clapton ファンには申し訳ないが、ハッキリ言ってつまらん。
なんやねん?まぁ、自伝はこんなものか?
ギターが上手いだけの馬鹿なおっさんってことか?

これ以上書くと愚痴しか出てこないので止めとこ。

Blues Session 9/22

2008.09.23.Tue.15:29
HIDEAWAY Blues Session Day でございます。

祝日前なので岡山方面からも来られてまして大賑わいっす。


岡山から来られたHarpistです。


Tanyさんです。


ohashiです。


常連さんです。
今日は Harpist が4名! TOKUさん入れたら5名やで!









Guitar も多かったなぁ。


Session 終わってからうだうだ Video 鑑賞会。
家に帰ったのはAM3:30頃でした・・・・。

コージー大内 (ライトニン大内)

2008.09.20.Sat.23:04
驚いた! こいつは凄い! 「コージー大内」

1曲聴いただけでファンになりました。(^_^)v
九州の日田弁で唄う Blues がこれほどまで違和感が無いとは・・・。

生で聴きたい~~。



- コージー大内プロフィール -

1968年丙午九州日田市生まれ
10代の頃はボブ・ディランを愛聴。21歳の頃にテキサスのブルースマン、ライトニン・ホプキンスを聴いてテキサス流儀のカントリー・ブルースを歌い出す。

20代後半から、ライトニン大内の名で東京のブルースバーを中心に、ブルースを歌うようになる。30代になり自己のルーツにめざめ「日田の文化に根ざしたテキサス流儀のカントリー・ブルース」をテーマに、日田弁でブルースを歌うようになる。

吾妻光良氏帯コメント
日本でも解る人は極めて少ない日田弁に乗って疾走するブルーボイス。独自の「弁ブルース」で日本ブルース界に新境地を切り開く大内コージの登場だ。


角打(かくち)ブルース


●MARUYOSHI-02
●発売日:2008年3月23日
●2,381円(税別)2,500円(税込)
●発売元:マルヨシレコード
●配給:株式会社メタカンパニー 03-5273-2831
●JAN CODE : 4580296240015

ライトニン大内の名で、東京のブルースバーを中心に、テキサス流儀の弾き語りブルースを歌ってきた大内。名前もコージー大内に改め、生まれ故郷である九州の日田の言葉でブルースを語り出した。本作『角打(かくち)ブルース』では、ギャンブル好きの父親や青春時代の初恋の物語り、ナンパして遊んだ思い出など、彼の日田の生活が題材となり唯一無比の「弁ブルース」(吾妻光良氏命名)となっている。
 「九州カントリー・ブルースの大統領」による日田弁ブルース。是非とも、九州の焼酎を片手に、「焼酎んつまみん最高ばい!」と日田弁を駆使しながら聴いて頂きたい。ライトニン・ホプキンスのカバーから、オリジナルの日田弁ブルースまで、コージー大内の魅力が詰まった快作だ。



直伝!ブルース・ギター

2008.09.19.Fri.23:53
古本屋に行ったら珍しく Blues の教本があったので
買ってしまいました~。

以前に楽器屋でパラパラって見たことあったんやけど、
買う気にはならなかった本やねん。でも、あまりの安さに・・・。


Richard Daniels (原著), 真沙木 唯 (翻訳)

「そう、少年は運を天に任せ、全てを捨てて旅立った。
宿命の予感を胸に抱きながら。けれどその道を辿りなが
らも、彼は自分の夢への鍵-ありとあらゆる知識と技術
に精通したギターの師-を見つけられるとは思ってもい
なかった。少年が・・・・・以下省略」

ってな感じで、物語入り教本なんよね。(笑)

少年が年老いたブルースマンと出会いブルースを伝授される。
って、どこかの映画やん!

物語は面白くないし、分かりにくいし、定価では買えませんわ。

Blues Session なんぞ行きましたがな。

2008.09.16.Tue.20:51
だいたいやね、
月曜日に「Blues Session」するっちゅーのがアカンやろ。

毎週行こうかなぁ。って思うんやけど月曜日はダルイ!
明日も仕事やし~。とか考えて結局行かないんだな。

15日(月)は祝日ってことで先週、「来週は休みの日やでぇ~。」
って言われたもんで出動した訳やねん。

HIDEAWAY の Blues Session 初めて行きましたがな!

盛り上がってますなぁ~。
それにしてもシカゴ・ブルースあまり知りませんねん。
唄いたいけど唄えないってのは結構辛い。



なんぼ Session や言うても Vocal おらんと寂しいもんですな。



TOKUさんの声はいつ聴いても良い感じですわ。



Sax が入ると深味UP ⇑ ⇑



Harpの師匠のTany氏でございます。
アンプを通すと音色がカッコ良く聴こえたりします。



ohashiですぅ~。おっさんのカラオケにしか見えん・・・。
1曲だけ唄わせてもらったけどイマイチでしたわ。(反省)
次はHarpで参戦やな・・・。



Furry Lewis

2008.09.14.Sun.23:55
Furry Lewis 「Goin' To Kansas City」



戦前派の中でもマイナーなアーティストで Furry Lewis の名前を知っている人は、
ほとんど居ないと思われます。

"朴訥"という言葉が、これほど合うブルース・マンはいないだろう。
戦前メンフィス・ブルースを代表するファリー・ルイス。27年から29年までに25曲を録音。

飄々と枯れた味わいのヴォーカルとスリー・フィンガーを駆使するスピード感溢れる
ギター・プレイ--反比例する2つの要素が持ち味だ。
また派手さはないが、燻し銀のスライド・プレイも忘れられない。

戦後は道路掃除などで細々と生計を立てていたが、59年に再発見されると
81年に亡くなるまでに10枚以上のアルバムを残した。
ロック・ファンにはドン・ニックスとの心温まる交流や、
レオン・ラッセルの<シェルター>から作品をリリースしたことが有名だ。


って、ことです。知らなかったなぁ~。

桑田佳祐 / 月

2008.09.11.Thu.23:32
桑田佳祐の数ある曲の中で唯一 Blues を感じる曲やね。



この曲はエエですわ。

Rory Block

2008.09.09.Tue.21:55
なんや、ちょっとばかし違うような「Crossroad Blues」やけど。

白人のおばはんカッコエエぞ!




そう言えば、ブルースギターの名手って書いてありましたわ・・・。

ohashi Live in Grand cafe

2008.09.07.Sun.14:23
それにしてもなんや凄い盛り上がりましたわ。

初めてお店にお邪魔したんやけど、暖かく迎えてもらって?
下手な演奏と唄を聴いてもらいました。(恥)







何曲したんやろ? 1時間位は演ったよなぁ。



お客さんは多く無かったけど、楽しかったっす。


Only Heartさんです。
素晴らしい歌と演奏でございます。この辺りから変な盛り上がりが・・・。




グラン・カフェのマスター率いる「三万石」です。
もう大騒ぎ状態で凄く楽しかったですわ。
三原熱いっす。

聴きに来てくれました皆様ありがとうございました。
次回はもう少しマシな演奏します・・・たぶん。

土曜日 Live するでぇ~。

2008.09.04.Thu.23:34



日時:2008年9月6日(土) PM 7:00頃?~

場所:三原市駅前 Live House 「グラン・カフェ」

出演:ohashi
    Only Heart

Charge:¥1000 with 1drink

宜しく~。


HIDEAWAY に練習しに行く

2008.09.01.Mon.22:27
飛び入りの日曜日やし、お客さん少ないやろ・・・。 って、
練習しに行ったのでありました。(TOKUさんゴメン)

「おぉ~。」お客さん1人やん!
取敢えず Blues・音楽などなどの話をして練習開始。

今度のライブで演ろうと思ってた曲をポロポロ弾く。
暫くすると知った顔が来店。

そのうち予定外の曲まで唄い出して、家で練習するのと
変わらへん状態やん!

でも、予定になかった曲が結構良い感じやねんな~。

当日はその時の気分で選曲して唄おうか・・・。(いつもやん)
そうなんよなぁ~。適当にやるからなぁ~。

まぁ、なんとかなるやろ・・・・。










ohashi Live しまっせ!

日時:2008年9月6日(土) PM 7:00頃?~

場所:三原市駅前 Live House 「グラン・カフェ」

Charge:¥1000 with 1drink

対バン有り   宜しく~。